まつり一番の華は町内山車曳き!!

6月15日は、まつりの華、町内山車曳き。

朝から晴天に恵まれ、山車は第四豊水祭典区をくまなく廻り、夜には遅くまですすきのを廻っていました。

大正七年に造られた山車は、山車人形として古墳時代の短甲に身を同めた身の丈七尺(210cm)の素盞鳴尊(すさのうのみこと)を戴き、総金箔の彫り物に飾られた立派なものです。

舞台に立つのは札幌見番の糸・澤田さん、唄・あやめさん、立方・きわさん、はな恵さんの方々。

お疲れ様です。

山車曳き1山車曳き2
山車曳き3山車曳き5
山車曳き6山車曳き7
山車曳き8山車曳き10
山車曳き11山車曳き12
山車曳き13山車曳き14
山車曳き15山車曳き16
山車曳き17山車曳き18
山車曳き19山車曳き20

コメント


認証コード3304

コメントは管理者の承認後に表示されます。