札幌の市電 今昔物語

札幌の市電(路面電車)は、大正7年8月に総延長5.30kmを皮切りに延線を続けました。

市電は、昭和23年8月まで豊水地区第12町内会の脇を走って中島公園まで行ってました。

さらに、昭和46年9月まで豊水地区第12町内会を横断して豊平駅まで行っていました。

の所が、豊水地区第12町内会です。

札幌 市電経路図 大正7年札幌 市電経路図 昭和2年
札幌 市電経路図 昭和4年札幌 市電経路図 昭和4年
札幌 市電経路図 昭和23年札幌 市電経路図 昭和27年
札幌 市電経路図 昭和34年札幌 市電経路図 昭和35年

昭和39年12月の路線キロ程25kmをピークに拡大が止まりました。

札幌 市電経路図 昭和38年札幌 市電経路図 昭和38年

昭和41年10月から路線キロ程が縮小し始めました。

札幌 市電経路図 昭和41年札幌 市電経路図 昭和46年
札幌 市電経路図 昭和46年札幌 市電経路図 昭和48年

平成27年12月のループ化により久しぶりに8.87kmに延線しました。

札幌 市電経路図 昭和49年札幌 市電経路図 平成27年

さてこれからはどうなるでしょうか?

出典:さっぽろ文庫「市電物語」札幌教育委員会編